【雑記】ブログor情報サイト?投稿する記事の内容はどうすればよいのか

ブログ運営, 雑記

悩み

こんにちは、ゆきです。

ブログの記事を書いていくにあたって悩むこと、ありませんか?

僕は現在毎日お悩み中です。

今日はそんな僕の悩みについて。駄文も駄文だから気になる人以外はスルー推奨やで…!

ブログの記事はどう書くのが良いのか

ブログ開設から2か月半が経過しましたが、最初のころは何も考えずに思いついた事、日々の活動を適当に記事を放り込んでいました。

でも色々と情報収集していくうちに、ブログである程度人が来るようになるには、Google先生に褒めてもらえるような記事を提供しないといけない事に気づきました。

最初から調べておけばよかったんだけどね!考えながら走るタイプなもんで!

 

で、Google先生に気に入られる記事=検索ユーザの悩みや疑問を解決する記事

ですよね?

僕のきゅうりが30日経過してどれくらい成長したかなんて、チラシの裏にでも書いておけって話ですよ。まぁ、家族にはひょっとするとニーズはあるかもしれないですが、そんなのフェイスブックで十分だし。

じゃあ、日々の活動の中で誰かの役に立つ情報って何があるかなぁ…と考えてみたんだけど、自分の強みを活かせる事といえば、観光地情報や、ソフト・アプリの使い方、最新の製品のレビュー等。

その内容で読者に情報を提供するように書き始めると確かに以前よりは検索流入が増えてくれるようになりました。

でもまだまだ少ない。

じゃあもっと訪問者増やすにはどうすればいいの?

 

調べていくと今度は、投稿記事を増やせという話と、記事のターゲットキーワードで上位にあるページよりも上質な記事をぶつけろという話がありました。

(; ・`д・´)ジョウシツナキジ…

投稿記事を増やせについては、増やせばいいので日々記事を投稿すればよい話。

今一番悩んでいるのがこの上質な記事です。

検索ユーザが知りたい事に対しての回答を書く記事はファンを増やすことに繋がるのか

ここまで来てふと疑問に思ったのが、情報サイト(アフィリエイトサイト)とブログの違い。

情報サイトは、何かのジャンルに特化型した内容で、読者の疑問に絶対答えるマンの住むサイト。客観的意見重視。

一方のブログは、個人がどちらかというと前面に出て、その人の個性や経験による解説がメイン。

同じジャンルで商品やサービスについて解説するのであれば、情報サイトの方が色々な記事も含まれていてユーザの疑問に答えてくれそうなイメージ。
勿論、プロが書くブログ記事があれば、それは素人の書く情報サイトには勝てるかもしれない。

が、まぁ大体は情報サイトの方が強いのではないかと。

そうなると、ブログはその人が好き!を増やしてリピータを獲得していく方向になるよね…。

ここで問題になってくるのが、先ほどの上質な記事。情報サイトに負けないようなキーワードで上位に来るしっかりした記事を書くことは出来なくはない。仕事での専門性も多少はあるし。

けどそういう記事って、本当にそのキーワードで来た人には答えを提供できるけど、ファンを増やせる面白い記事かというと、あまり面白くない。

確かに答えは書いてある。

けど面白くない(断言)。

なので、今のままだとファンは増えないんだろうと思っています。
特定の記事がたまたまヒットして、~のやり方みたいな記事にブックマークがつく事はあるかもしれないけど。

じゃあ結局どうするん!

これが一番問題なんです。( ˘•ω•˘ )

悩みは尽きぬ…。

とりあえず、まだまだ記事の母数を増やして検索流入を増やさないといけないので、誰かの疑問に答えられるような記事を当面増やしていくつもりです。

でも、8:2くらいの割合で、自分の意見とかしょーもない内容の記事も増やしていけばいいのかな。

最悪雑記の品質が悪くて、サイトのランクが落ちるというのであれば、noindexでやらざるを得ないけど。そんなもんを検証するようなレベルにはまだ至ってないので、とっとと手を動かそう。

 

こういうの、ちょっと頭の整理にもなっていいよね(自己満)

以上!