【プランター家庭菜園】沢山の実を取るためにきゅうりは摘心をした方が良いのだ!

きゅうり, プランター, 家庭菜園, 摘心

きゅうりの花

いよいよ夏も本番になり、きゅうりが一気に成長した!
沢山の花も咲いてもうすぐ収穫できそうな今日この頃。

さて、そんなきゅうりですが、長期間たくさんの実をつけるには、摘心を行う必要があります。摘心とは花や実の成長を助けるために、小さな芽を摘むこと。基本的に茎の成長が優先されるため、茎になる芽を残しておくと植物の成長を妨げてしまうのだ。

今日はそんなきゅうりの摘心のお話。

きゅうりの摘心のやり方(初期)

きゅうりの摘心では、まず5~6節目までにある小さな芽を摘みます。これは芽が成長してしまう前になるべく早めに実施しましょう。ちなみに以下の例はちょっと遅いようです。すでに蕾が咲いとる・・・

きゅうりの摘心
摘心で撮るのは写真中の芽です。

ちなみに節の数え方はくねっとしたところから、次のくねっとした所までが一節と数えます。下から5~6節目までの芽を取る必要がありますが、誤って初期にできた双葉を取らないようにしましょう。タキイ種苗(株)の情報によれば、苗の勢いが落ちてしまうとのことです。

節の数え方
節の数え方。くねっから次のくねっまでを一節。
5~6節芽の摘心は蕾が付くより前に行おう

きゅうりの摘心のやり方(苗の成長を止める)

ある程度成長したら、今度は先端の芽を摘み、きゅうりのそれ以上の成長を止めなければなりません。きゅうりは元気に人間の伸長を超えて成長してしまうのですが、身長以上の植物って中々メンテもできないので、可哀想ですが大人しく切りましょう。

こうすることで、子づるの発生を促すことが出来ます。きゅうりの種類にもよりますが、Vアーチ品種等の横に子づるが広がり、実がなるタイプは特に重要です。

目線の高さを超えてしまったようなら先端の摘心時期です。

きゅうりの先端の摘心前
きゅうりの先端の摘心前
先端の摘心
先端の摘心
摘心後
摘心後

この瞬間が心苦しすぎる。

うう、手塩にかけたきゅうりちゃんが・・・。農家の方が台風の日に畑を見に行っちゃう気持ちがほんとわかる。

このレベルの苦しさじゃないでほんま。

自分の目線の高さよりきゅうりが育ったら、先端の芽を摘み取ろう。

まとめ

  • きゅうりが7節以上できたら、その下の節の芽は取ってしまおう。
  • 自分の目線の高さよりきゅうりが育ったら、先端の芽を摘み取ろう。

あなたも良いきゅうりライフを!

以上!

スポンサードリンク

重い土も通販で買っちゃおう!


きゅうり, 家庭菜園

Posted by