【年5万の節約】日経新聞の記事を無料で読む方法は?電子版との違いやメリットデメリットを解説。

, 節約術

日経新聞を無料で見る方法

こんにちは、ゆきです!

日経新聞といえば、経済情報に精通した日本有数の新聞で、会社員なら知らない人はいないと思います。
時々飛ばし記事もありますが(僕の会社でも何度か…)。

業種にもよりますが、最新トレンドや業界動向を抑えるにはもってこいの新聞です。株価にも影響を与える事が多く、日経で一面に掲載された旬な情報で特定業種が値上がりする事も。

でもそんなに毎日チェックしないし…。毎月4000円ちょっとの購読料を払うほどでもないよね…。

だから僕は契約していません。

でも、時々は見たいんですよ。お金を払うほどでもないですが、見たいんですよね!あなたもですか!

そんなあなたにオススメしたい、無料で日経新聞の記事を読む方法を解説していきます!

日経新聞の記事を無料で読むには、無料の証券会社の口座を作ればOK

日経新聞では、実はいくつかの証券会社向けに日経新聞の記事を配信しています。これは日経新聞のインターネット閲覧サービスである日経テレコンを利用したものです。日経テレコンでは、日経新聞の様々な記事が保存されており、それをインターネット上で見る事が出来ます。

日経テレコンでは次のような新聞を読むことができます。

日経テレコンで読めるニュースソース
  • 日本経済新聞 朝刊・夕刊
  • 日経産業新聞
  • 日経MJ(流通新聞)
  • 日経プラスワン
  • 日経速報ニュース

その証券会社の口座を持つことで、日経新聞の記事の一部が読み放題になります。

ちなみに日経新聞や電子版の一部の記事(コラムなど)は読めません。ただ、日常のニュース等もある程度あるので、楽しみにしているコラム等がなく、時々見る程度であれば十分です。

無料で日経新聞が読めるのは、楽天証券・大和証券・丸三証券の3社

無料で日経新聞が読めるようになる証券会社は次の3社です。それぞれの証券会社の口座アカウントを持っている事が必要です。

無料で日経新聞が読める証券会社
  • 楽天証券
  • 大和証券
  • 丸三証券

それぞれの違いを比較すると次の通りです。

楽天証券 大和証券 丸三証券
日経テレコン利用料 無料 無料 無料
新聞記事閲覧
(全記事をトピックから選べる)
3日分 3日分 3日分
過去記事検索
(過去の記事を検索結果から選べる)
最大1年 最大3か月 最大1年
過去記事検索設定 1か月、3か月、6か月、1年、期間指定 3か月 1か月、3か月、6か月、1年
図表示・記事のPDF表示 ×
決算データ × ×
調査結果・ランキング・経済指標 × ×
マイフォルダ(最新記事をキーワードで自動的にフォルダへ保存する機能) × ×
取引手数料 50円~ 2052円~ 1080円~
口座開設 無料 無料 無料

一番のオススメは楽天証券

3つの証券会社のうち、最もオススメなのは楽天証券です。

日経テレコンの機能だけ見れば、記事の閲覧期間は短いですが、大和証券が最も多機能です。しかし大和証券は、株式取引やNISA(少額投資非課税制度)を利用した株式の取引手数料が圧倒的に高いんです。

日経テレコンを利用するだけであれば大和証券でも良いのですが、株式投資も一緒に、となると手数料の安い楽天証券で一元化しておいた方が何かと便利です。楽天証券は取引と一体化したスマホアプリのiSpeedも使い勝手が良く、取引手数料も安いのでオススメです。

【口座開設無料】楽天証券の口座開設資料を取り寄せる

尚、株式投資は資産を増やしていくなら絶対にやっておいた方がいい投資です。株式投資については次の記事でも紹介していますので、あわせてどうぞ。

あわせて読みたい
資産を増やしたいなら絶対にやっておきたい!株式投資のススメ

日経新聞(証券会社版)は無料だが使い勝手は日経電子版には劣る

日経新聞を無料で読めはするのですが、流石に使い勝手は日経電子版や日経新聞(紙)には劣ります。

実際の見た目は次のようなイメージです。

日経新聞(証券版)の画面イメージ
楽天証券の日経テレコンイメージです。

記事の各タイトルがリスト形式で表示されており、詳細を読みたい場合はタップすると中身が表示されます。PDFは実際の新聞記事がPDF化されたもので、写真や図の確認が可能です。カテゴリー毎に分類されているため、興味のある記事だけ見ることはできます。

パッと見は日経電子版と同じようですが、画像を見るひと手間がいるのがやや面倒です。

楽天証券で日経新聞を見る方法

まずはアプリを入れよう

楽天証券で日経新聞を見るためには、パソコン用ソフトウェアのMarketSpeed(無料)か、スマホ用アプリのiSpeedが必要です。

パソコン版のMarketSpeedには利用条件が必要ですが、スマホ版は条件なしに使えます。新聞のチェックはスマホが便利ですし、スマホのiSpeedを利用しましょう。

アプリは以下からダウンロードできます。

iSPEED - 楽天証券の株アプリ

iSPEED – 楽天証券の株アプリ
開発元:Rakuten Securities, Inc.
無料
posted withアプリーチ

参考までにパソコン版の利用条件は次の通りです。

パソコン版Market Speedの利用条件(いずれかに当てはまる場合)
  • 口座開設から3か月間
  • 株の信用講座・先物講座・FX講座のいずれかの口座が開設されている
  • 口座に30万入金されている
  • 何らかの取引を行った場合 など

iSpeedの日経テレコンの使い方

アプリがインストール出来たら、iSpeedを起動します。

(1)iSpeedの画面から日経テレコンボタンを選択します。

日経テレコンの起動方法

(2)日経テレコンが起動します。デフォルトは日経速報ニュースになっているので、日経新聞が読みたい場合は下図の通りメニューから「きょうの新聞」を選びましょう。

日経テレコンで新聞を選ぶ

(3)あとは画面をスクロールすれば、ニュースを見る事ができます。

日経新聞(証券版)の画面イメージ

まとめ:日経新聞の記事を無料で読んで年5万円を節約しよう!

日経新聞の定期購読料は最も安いプランでも月4000円です。

とはいえ、社会人としてあった方が良い情報源なのは間違いないですよね。そんなに頻繁に見ないけど…という人は是非今回の方法で無料で見れるようにしてみてくださいね。

楽天証券ならポイント還元もあるので、無料でポイントも貰えて、他の証券会社に口座がある人でも入らない手はありません…!

【口座開設無料】楽天証券の口座開設資料を取り寄せてみる

以上!

支出を抑える, 楽天証券

Posted by