ゼロから電子工作を始めたい人に贈る、電子工作の始めた方ガイド

2017年9月7日Raspberry Pi, 電子工作

Raspberry Pi

こんばんは、ゆきです!

電子工作をやってみたいけど、何から始めたらいいか分からない…
勉強したいけどどうすればいいのか判らない…

判る…その気持ち判る…!

僕はといえば、電子工学は大学で1年間勉強しただけで殆ど覚えておらず。ごりごりの機械系製造業に入って殆どプログラミングもせず…と、回路図も読めないし、オームの法則くらいしか分からないし。

ラズベリーパイ*1?美味しそうなパイだね?(´ω`)
※1 Raspberry PiはLinuxというOSで動く小さなパソコンです

そんな状態からでも、この数か月で何とか電子工作で温度と湿度を測り、データとして保管する所まで出来るようになりました。

今回はそんな僕が、電子工作が出来るようになるまでの流れを紹介したいと思います。

最初に電子工作で実現したい目標を持とう

アイディアがないと継続が難しい

電子工作を始めるにあたって、漠然とでもいいので、やりたい事をイメージしておく必要があります。

僕が最初に掲げたゴールは、今流行りのAIを使った、植物の状態まで把握する全自動散水機!

IoTで家庭菜園を楽にする全自動散水機・状態判定を作りたい

まだ道半ばですが、当初掲げたゴールのうち、いくつかは既に実現済みです。

電子工作を始める時、何か色んな数式を勉強しないとできないとか、はんだ付け?機械持ってないけど?とか、情報を仕入れるたびに難しそう…と思いますが、全ての知識がないと出来ないわけではありません

実現したい事に向けて、1つ1つ必要な知識を仕入れていけば全てを勉強しなくても動くものは作れます。

とはいえ、何が自分が作りたいものなのかがある程度見えていないと、何の知識を習得すれば良いのかも判りませんよね。

なので、実現したい事は少なくともイメージで持っておいて、そのために必要なものを1つずつ分解して理解していけば良いです。

例えば、スイッチでLEDを付け、モーターも併せて回したいのであれば、①モーターの回し方、②スイッチの操作方法、③LEDのつけ方、を1つずつ習得していけばOKなのです。

電子工作に必要最低限の知識を仕入れよう

電子工作で作りたいものが決まったら、今度は必ず必要になる知識を仕入れましょう。

そう、電子回路の作り方です。

電子回路の作り方は電子工作をやるには絶対必要になるので、最低1冊は本を持っておくと良いと思います。私が購入して良かったと思うのは、以下の2冊です。

わかる!電子工作の基本100

全くの初心者に向けて、揃えた方が良い道具や最低限の物理の知識、実用的な回路の組み方まで網羅されています。後半は少し難しい点もありますが、ステップアップに必要な知識が含まれていると思います。

仕事柄多くの技術書を読みましたが、判りやすい本だと思います。

Raspberry Piで学ぶ電子工作

以前も紹介している本ですが、Raspberry Pi(ラズベリーパイ)という小さなパソコンは、簡単なプログラミングでセンサーの情報を読み取ったりすることができます。

プログラミングというとハードルが高そうですが、Raspberry Piは今や中高生の教育にも取り入れられているような優れたツールなんです。

本書はデザインが読みにくいですが、初心者向けに本当に丁寧に解説されていて、最新のRaspberry Piでの変更内容もホームページ上で公開されており、手元の本が古くて使えないという事もありません。

電子工作に絶対に必要な道具を集めよう

私は主にRaspberry Pi(ラズベリーパイ)のような小さなコンピュータを使って、電子工作をしています。アンプを作ったりするような電子工作は今の所門外漢なので、ここではこの小さなコンピュータを使った電子工作について解説します。

このような小さなコンピュータを使った電子工作には、Raspberry Pi以外にもArduino(アルディーノ)と呼ばれるものが多く使われています。

出来る事に多少の差がありますが、インターネット接続が容易で、ネットに多くの事例があるため、まずはRaspberry Piをオススメします。

他にも、ブレッドボードやジャンパーワイヤーがあれば、テスト用の回路を作れるようになります。以下の記事でオススメを紹介していますので、併せてどうぞ。

電子工作初心者が買うべき導入の道具5選

はんだごてとかまだ買わなくていいからね!

電子工作の準備が出来たら作ってみよう!

やってみよう!

準備が出来たら後は本を読みながら1つずつ作っていくだけです。

始めは失敗ばかりで上手くいかないかもしれないですが、諦めれずに本通りに進めていけば回路を作ることができますよ。

あとは自分の発想力との勝負!

面白いものを作り上げていってくださいね!

室温を測る簡単な回路は以下の記事でも紹介していますので、よろしければどうぞ(´ω`)

Raspberry Pi3(ラズベリーパイ3)とDHT11の温湿度センサーを使って室温を測定してみよう

以上!