【超簡単】TP-LinkスマートプラグHS-105でコンセントをお手軽にスマートホーム化!

Amazon Echo, Google Home, TP-Link, スマートスピーカー, スマートハウス, スマートプラグ

tp-linkスマートプラグ

こんにちは、ゆきです!

お家をスマートホーム化するには、スマートリモコンやスマートキー等色々な手段があります。
その中でも、最も原始的な手段が、コンセントそのもののオン・オフが可能なスマートプラグです。

今回はWi-Fiに接続することで、簡単に設定できるTP-Linkのスマートプラグをご紹介します。

TP-Link WiFi スマートプラグでできること

TP-Linkのスマートプラグは、スマホやGoogle Home等のスマートスピーカーから、コンセントの遠隔操作が可能になるデバイスです。

例えば、外出先から防犯のために電気を付けたり、消し忘れた家電の電源をオフにするなどの使い方ができます。また、機器のオン時間の計測にも。具体的にできるのは次のようなことです。

TP-Linkのスマートプラグでできること
  • タイマー(規定時間経過)による電源オン・オフ
  • スケジュールによる電源オン・オフ
  • お出かけモードによる電源オン・オフ
  • Google HomeやAmazon Echoとの連携
  • オン時間の計測

サイズは少し大きく、コンセント最下段じゃないと他の穴を塞ぐ

TP-Linkのスマートプラグは、以下の図のようにコンセントの挿す端子の長さが異なります。このため、逆さまにして挿す事はできません。さらに、コンセントの下側に厚みを持っており、コンセントの上段だと他のコンセントの口を塞いでしまう事も。

TP-Linkスマートプラグのコンセントの形状

特にコンセントが3つ口になっていると、確実に塞ぐので注意してください。

設置予定場所のコンセントのどこに挿すのかをよく考えておこう

設定はとても簡単。ただしスマホアプリは必須。

後程解説しますが、設定は1分程度で終わり、とても簡単です。

ただし、機器単独で設定はできません。TP-Linkのスマホアプリ”Kasa”を利用しないと、初期設定すら出来ないので注意しましょう。当然タイマー設定もスマホから行います。

Kasa Smartは以下からダウンロードできますので、事前にインストールしておきましょう。

Kasa Smart

Kasa Smart
開発元:TP-LINK Research America
無料
posted withアプリーチ

スマートプラグ(HS-105)の仕様

サイズ 幅60mm × 高さ40mm × 奥行42mm
Wi-Fi 2.4Ghzのみ
機能 電源のオン・オフ
・タイマー
・スケジュール

TP-Link スマートプラグの使い方

使い方は、次の図のように挿して、アプリやスマートスピーカーから操作するだけです。

スマートプラグの使い方

Kasaアプリからの使い方

Kasaアプリからの使い方はとても簡単。アプリを起動し、表示されているオン・オフボタンを押すだけで操作可能です。スケジュールは以下の図のように、メニューから設定を行うだけです。

Kasaスマホアプリからの使い方

スマートスピーカー(Google Home/Amazon Echo)からの使い方

スマートスピーカーからの使い方は、次の通りです。

音声コマンド

 できること  音声コマンド・質問
Google Homeでオン・オフする 「”〇〇(登録したデバイス名)”をオンにして」
「”〇〇(登録したデバイス名)”をオフにして」
Amazon Echoでオン・オフする 「”〇〇(登録したデバイス名)”をオンにして」
「”〇〇(登録したデバイス名)”をオフにして」

TP-Linkスマートプラグの設定方法

初期設定

TP-Linkスマートプラグの初期設定は次の通りです。

(1)Kasa Smartのアプリをインストールし、起動します。新規にアカウント作成を選択します。

アプリのインストール

(2)「メールアドレス」「パスワード」「住んでいる地域」を選択し、アカウント作成をクリックします。利用規約を読み、アカウント作成をクリックします。

TP-Linkのアカウントを作成する

(3)登録したメールアドレス宛に認証メールが届くため、確認します。次に位置情報の設定を行いますが、これはどちらでもOK。僕は設定しますにしておきました。

メールアドレスの認証

(4)以上でアプリの初期設定は完了です。次にデバイスを登録します。右上の+アイコンをタップし、スマートプラグ端末を追加します。

スマートプラグの追加

(5)遠隔操作に関する同意書を読み、「同意します」を選択します。ここでの注意点は、火災に通じるような機器を遠隔操作に利用しない事です。ストーブなどの利用は危険ですので止めましょう。次に、スマートプラグをコンセントに挿し、電源を入れます。

スマートプラグの設定

(6)本体のLEDがオレンジと青の点滅になればOK。ならない場合は、電源ボタンを1度押してください。次に端末名を入力します。スマートスピーカーから呼び出す場合、ここで設定した名前を呼び出すため、「スマートプラグ」等、分かり易いものにしましょう。

スマートプラグ名称の設定

(7)スマートプラグ用の画像を設定します。分かり易くするため、写真を利用する事も可能です。最後に、Wi-Fiネットワークを設定して完了です。

スマートプラグアイコンの設定

以上で初期設定は完了です。

Google Homeの設定

Google Homeは次の通り設定します。

(1)Google Homeアプリのスマートホームメニューを選択し、+ボタンをタップします。アクション一覧が表示されるため、検索欄にtpと入力し、「TP-Link Kasa」を選択します。

Google Homeアプリの設定(1)

(2)初期設定で登録したTP-Linkのアカウントの「メールアドレス」と「パスワード」を入力します。自動的に登録されているデバイスが追加されるため、最後に部屋を割り当てれば完了です。

Google Homeアプリの設定(2)

Amazon Echoの設定

(1)Alexaアプリを起動し、スキル一覧から「TP-Link Kasa」を選択し、有効にします。次に初期設定で登録したTP-Linkのアカウントの「メールアドレス」と「パスワード」を入力し、承認します。

Amazon Echoの設定(1)

(2)Amazon Echoに「アレクサ、デバイスを探して」と話しかけます。これにより自動的にデバイスが登録され、使用できるようになります。

Amazon Echoの設定(2)

まとめ:TP-Linkスマートプラグは簡単に設定可能な便利デバイスだった

TP-Linkのスマートプラグの設定は簡単で、使い勝手も良い便利デバイスです。

ただし、自動的にオンにするにはスイッチが常時オンに出来るような機器(照明等)でないと中々難しいです。最近は扇風機もコンセント抜いてしまうと再度オンするのに、スイッチを押さないといけなかったりするので、この場合は電源オフ用途としてのみの利用になってしまいます。

他のスマートプラグ同様、このデバイス自体がオフ中でも通信していて電力を消費するので、節電用途には向きません。

以上を踏まえ、使える場所を検討した上でご利用くださいね!

以上!