auのスマホ料金が高い!そんな時は携帯電話のプランを見直さないと損だぞ!

2017年12月20日MVNO, OCN, 格安スマホ, 節約術

スマートフォンの支払い高すぎない?

こんばんは、ゆきです!

もうずっと見てみぬふりしていたんですが、我が家の携帯電話の料金は、夫婦2人で何と年間24万円(月2万×12か月)もかかっています。やだ…高すぎ…。

ずっと気にはなっていたんだけど、17年間もauを使用していたこともあり、そのままにしていました。しかし結論からいえば、もっと早くプランを見直しておくべきだったと後悔…。面倒だからとそのままにせず、きっちり見直すことで年間10万円近く浮かせることができるんです。

今話題のパケ代節約術とは?

あなたの月々のスマホの支払いは適切な金額?

我が家のスマホ料金はおよそ月額2万円。2台で2万円なので、1台1万円です。契約の時こんなに高いプランには入っていないはずなのに、何故かこんなに高くなっているんですよね。

ちょっと内訳をみてみます。

ゆきのスマホ 妻のスマホ
基本使用料 ¥934
(LTEプラン+割引)
¥1,700
(スーパーカケホ+割引)
データ通信 ¥5,700(LTEフラット) ¥5,000(データ定額5)
オプション ¥300(LTE NET)
¥380(故障紛失サポート)
¥500(テザリング)
¥300(LTE NET)
¥300(電話基本パック)
auかんたん決済利用料 ¥401(auスマートパスプレミアム) ¥401(auスマートパスプレミアム)
機器購入代金 支払い済み ¥3,510(分割支払金)
¥300(アップグレードプログラム)
Apple Care ¥648
その他(消費税等) ¥628 ¥687
-¥2,840(毎月割の割引)
合計 ¥8,843 ¥10,046

うーん、何だかんだとオプションもついて結局1万円くらいまで行っちゃっている感じ。

アイコンー妻
ぺん

えー、こんなにかかってるの?ちょっと高くない?

アイコンーゆき(左)
ゆき

ぐぬぬ…確かにたかい…。

妻のほうはiPhoneの購入代金(2年間の分割払い)が含まれているので、これを払いきれば6500円になるかと思いきや、そのころには毎月割*の割引が切れるので、結局9000円オーバーの支払いとなってしまいます

*毎月割は2年間の間利用料金が安くなるシステム。2年を超えると割引が無くなります。

auユーザは2年以上経過している場合、絶対に見直さないと損

僕も妻もともに毎月のデータ通信量は2~4GB。2人とも電話は殆どしません。当時はこの内容の場合、上記のような料金プランが適切でした。

ところがauの場合、先ほどもお伝えしたように、2年経過すると加入時の割引が消え、その分が支払いに加えられます。

さらに携帯会社は1~2年周期で時代に合わせて料金プランを変えてきます。現在では、auの場合だとauピタットプランといって、データ通信で使用した分に応じて段階的に料金が上がるプランもあり、月々の通信料が3GBまでであれば昔のプランよりも安くなります。

また、昔はお金が取られていたテザリングオプションも無料になったりとか。

判りづらい大手キャリア三社の料金プランですが、面倒だからとそのままにしていると、年間数万円も損する羽目になります。

アイコンーゆき(左)
ゆき

2年ごとにちゃんと契約を見直さないと、携帯会社に搾取されてしまうっ…!

 

スマホの料金を下げる方法は2つある

1.携帯電話会社の料金プランやオプションを見直す

真っ先に思い浮かんだのは、現在のAUの料金プランを見直す方法。余計なオプションも多いので、削れるものを削ってみると下のような感じに。

ゆきのスマホ
基本使用料 \934
(LTEプラン+割引)
データ通信 \5,700(LTEフラット)
オプション \300(LTE NET)
\380(故障紛失サポート)
\500(テザリング)
auかんたん決済利用料 \401(auスマートパスプレミアム)
機器購入代金 支払い済み
その他(消費税等) \555
合計 \7,489

これだけで1,300円/月(年15,600円)の節約になります。更に料金プランもピタッとプランに変えると基本使用料+データ通信料(5GBまで)が、5,980円。今(6,634円)よりも700円程度は抑えられます。

ピタッとプランは通信料低い人にはお得なんですが、3GB以上使う人にはあまりお得感がないんですよね。

ところが、そもそも3大キャリアの料金プランは高いです。今よりも更に月4000円程度浮かす方法があります。

2.大手よりも安価な料金を提供している格安スマホに乗り換える

僕の条件では月6,000円以上するスマホ料金を、月額3,000円程度に抑える方法があります。

それは、MVNO(仮想移動体通信事業者)のサービス(格安スマホ)を利用すること。UQ Mobile、Mineo、IIJmio、OCNモバイル等がこのMVNOのサービスになります。彼らは大手キャリアの通信回線を利用する事で設備投資を抑え、安価なサービスを実現しています。

僕は色々検討した結果、OCNモバイルを利用することにしました。論より証拠。今の僕のスマホ料金は次の通りです。

ゆきのスマホ
基本使用料 ¥850 (OCN電話10分かけ放題)
データ通信 ¥2,150 (料金6GBデータ通信)
オプション ¥300(留守電サービス)
auかんたん決済利用料
機器購入代金 支払い済み
Apple Care
その他(消費税等) \264
合計 \3,564
アイコンーゆき(左)
ゆき

元のスマホ料金よりも4,300円も安くなったぞ!?!?

アイコンー妻
ぺん

こんな事ならもっとはやくしとけばよかったね!

 

これ、僕の分だけでそこまで安くなっています。妻と2人合わせて月額8000円ものコストが浮く計算になります。年間10万近く安くなるなんて…

もっと早くしとけばよかったと本当に後悔しています

>>OCNモバイルONEについて公式で確認する

OCNモバイルを選択した理由

1.時間無制限のかけ放題サービスがある

これは主に妻のためなのですが、OCNモバイルはMVNO事業者の中で唯一時間無制限のかけ放題(トップ3かけ放題)のサービスを提供しています。これは、よく通話する上位3人の通話料金を無料にするというもので、家族や特定の友人とよく電話する場合に非常に役に立ちます。

また、10分間であれば誰とでも無料のプラン(10分かけ放題プラン)もあるため、自分の生活シーンに合わせて選択することができます。

2.OCN光とのセット割引がある

OCNモバイルは、OCN光やフレッツ光でOCNプロバイダーを選択している人向けに、割引サービスを提供しています。1名義のモバイル回線あたり、光の料金が200円オフ。

我が家では僕と妻の2回線なので400円オフになります。これも地味に大きい。

3.母体がNTTコミュニケーションズで撤退の恐れが少ない

先日Freetelが民事再生法の手続きをとることで話題となりましたが、格安スマホの業界も競争が激化しており、いつ各社とも撤退するのか何とも言えない所ではあります。

もちろん、Lineやauが親会社のUQ、楽天モバイル、Y!モバイルなど基盤がしっかりしているところもあります。

>>OCNモバイルONEについて公式で確認する

OCNの回線速度:ゲームをするなら問題なし

OCNは他社よりも回線速度が遅いといわれていますが、都内の混雑する朝の満員電車の中で使用してもそこまで速度低下を感じませんでした。体感1秒くらい遅くなったかな?というくらいで殆ど気になりません。

僕の通勤時間は大体SNSやニュースのチェック、ゲームをしています。最も速度の影響が出るのはゲームだと思いますが、グランブルーファンタジーやアズールレーンなどのゲームは快適にプレイすることが出来ました。

動画を視聴しない限りは特に問題ないと思います。

自分のスマホの使い方を冷静に見返して条件を考えよう

スマホは使い方に応じて選択すべき料金プランが異なってきます。

スマホの料金プランで最も注目するべきなのが、通信料と通話時間。これをどれだけ毎月使っているのかを適切に把握する必要があります。そこだけしっかり決めておけば、後は比較検討するだけ。

僕のケースでは妻の通話時間と我が家の光回線との兼ね合いでOCNに決めましたが、ほかの会社のプランの方が安いケースも当然あります。

ただ、通話時間トップ3無料など、通話プランの手厚いサポートをしているのはOCNだけ。長年ドコモ・au・ソフトバンクを使用している方は、これを機に見直してみては如何でしょうか?

かなりの節約になりますよ!

OCNモバイルONEについて公式で確認する

以上!