Amazon Echoのアレクサアプリ(Amazon Alexa)の設定まとめ

2017年11月25日Alexa, Amazon Echo

Alexaアプリの設定

こんばんは、ゆきです!

Amazon Echoの各種設定は、スマホのアレクサアプリ(Amazon Alexa)で実施することができます。一度設定してしまうとあまりアプリの方を使う機会はないかもしれませんが、ちょっとしたカスタマイズができるので、是非使ってみてください!

今回は、そんなAlexaアプリの設定方法をご紹介します。ちなみにブラウザ版もほとんど同じですよ!

(2017/12/16)ルーチンの設定を追加

Alexaアプリの初期画面

アレクサアプリの初期画面は以下のような表示になっています。

Alexa applicationの設定

項目 内容
メニュー メニューを開きます。
ヒントの表示 音声コマンドの例が表示されます。
Alexa使用履歴 アレクサで使用した音声コマンドと、その応答内容が表示されます。
ホーム画面に戻る ホーム画面(上記画像)に戻ります。
音楽メニューへ移動 現在再生中の曲の確認などができる音楽再生メニューに移動します。

Alexaアプリのメニュー

ホーム画面から「メニュー」ボタンを押すと、以下のようなメニューが表示されます。各ボタンはそれぞれ図のような機能があります。

Amazon Echoの設定一覧

音楽の再生

ミュージック&本では、Amazon Echoで再生する音楽を選択することが出来ます。なお、本については現時点では何もメニューがありません。Amazon My Music、Amazon Music Unlimited、tunein、dヒッツで再生可能な曲やプレイリストを選びます。

再生するアプリを選ぶ

例えば、Amazon MusicやMusic Unlimitedならジャンル指定などができます。Tuneinではラジオ局を選ぶことが可能です。

各Musicアプリでできること

リストの登録・削除

リストでは、お買い物リスト・やることリストの内容を確認することが出来ます。Echoからはリストの項目の削除はできません。このリストメニューで追加した項目を削除しましょう

Alexaアプリのリストの使い方

リマインダー&アラームの設定

ここではAmazon Echoのリマインダーや、アラーム、タイマーの設定を追加したり削除したりすることができます。アラーム音やタイマーの音量もここで変更可能です。

Alexaアプリでアラームの設定を変更する

「アラームの音量とサウンドを変更」からは、「アレクサ(ウェイクワード)」を呼びかけ、アレクサが反応したときに音を出すかどうかを設定できます。

僕のように反応したかな?とアレクサの色を確認しちゃう人は設定しておくと便利

ルーチンの設定

ここでは、お気に入りのコマンドを組み合わせて1つのコマンドを作成したり、定期的に実行するコマンドを設定することが出来ます。

ルーチンでは、既に登録されているメニューをタップすると、コマンドから実行することができます。ルーチンを編集するには、長くタップしましょう。

ルーチンの実行・編集

ルーチンの追加

ルーチンは、「きっかけ」と「動作」を登録することで、きっかけに基づいて複数の動作が実行されます。設定方法は次の通りです。

(1)ルーチンを追加するには、ルーチンメニュー右上の+ボタンをタップします。

(2)「きっかけ」を設定します。「きっかけ」をタップし、「音声コマンド」もしくは「スケジュール」を設定します。

ルーチンのきっかけを登録

音声コマンド 話しかけるキーワードを設定し、そのワードで実行する
スケジュール 時間を指定して実行する

(3)次に動作を設定します。

ルーチンの動作を追加する

スマートホーム 登録されているスマートホームのアクションを実行します
ニュース フラッシュニュースを再生します
※個別のニュースソースの指定は不可
天気 天気予報を再生します

(4)作成を押して完成です!

スマートホームの設定

ここではスマートホーム関連デバイスの設定や、操作が可能です。僕はまだスマートホームデバイスを所有していないので、ここでは紹介は割愛します。

Alexaアプリのスマートホームの設定

スキルの有効・無効

スキルでは、Amazon Echoに追加するスキルを検索したり、登録したスキルの有効・無効を切り替えたりすることが出来ます。

Alexaスキルを探す

アレクサスキルは有効にしないと使う事ができません。忘れないようにしましょう。

あわせて読みたい
Amazon Echo・アレクサのオススメスキル8選

使い方の例

使い方の例では、Amazon Echoで出来る音声コマンドの代表例が表示されます。

Alexaアプリで出来ることを調べる

以下の記事でも音声コマンドを紹介しているので、あわせてどうぞ。

あわせて読みたい
Amazon Echoとアレクサで出来る17の事とそのコマンド例

設定

設定はAmazon Echoのものとアカウントに関するものがあります。

Amazon Echoの設定

項目 内容
Wi-Fiを更新 Wi-Fiの設定を変更します。
Bluetooth Bluetoothデバイスのペアリング設定を行います。
デバイスのリモコンをペアリングする Alexaデバイスのリモコンのペアリングを行います。
Fire TV Stick等のリモコンとペアリング出来るんだと思いますが持っていないので不明…。
Pair Alexa Gadget 詳細調査中
サウンド アラーム・タイマーの通知音の音量の設定や、アラーム音、リクエスト音の設定を変更します。
リクエスト音はアレクサと呼び掛けた時に、音を出すかどうかの設定です。
デバイス名 Echoの表示名前を変えることができます。
デバイスの所在地 デバイスのある場所を設定します。この場所が天気予報やタイムゾーン等の表示に使われます。
デバイスのタイムゾーン タイムゾーンの設定を行います。
ウェイクワード 呼びかけ時の名前を変更することができます。
デフォルトは「アレクサ」ですが、「アマゾン」「エコー」「コンピュータ」から選ぶことができます。
言語 デフォルトは日本語です。
温度の単位 温度の表記に摂氏(℃)を使用するかどうかを設定します。
距離の単位 距離の表記にメートル法を使用するかどうかを設定します。
デバイスの登録先 Amazon Echoが紐つくAmazonアカウントを指定します。
Amazonに保存されたWi-Fiパスワードについて Echoの初期設定時に使用したWi-FiパスワードはAmazonに保存されています。その保存された理由についての説明です。
デバイスのソフトウェアバージョン Amazon Echoのソフトウェアバージョンを確認できます。
シリアル番号 Amazon Echoのシリアル番号を確認できます。
MACアドレス Amazon EchoのMACアドレスを確認できます。

アカウントの設定

項目 内容
音楽サービス デフォルトで使用する音楽サービスを設定します。音楽サービスのアカウント情報管理もこちら。
フラッシュニュース アレクサスキルで追加したニュースの表示順序やオンオフを切り替えることができます。
スポーツニュース 「アレクサ、スポーツニュースは?」と聞いたときに答えるサッカーや野球のチームを設定することができます。
カレンダー Google、Apple、Microsoftのカレンダーアカウントを登録することが出来ます。また、アレクサにスケジュール追加をお願いした場合に、スケジュールを追加するカレンダーを指定することが出来ます。
リスト アレクサのリストを管理するアプリを指定します。
※なんのアプリで管理できるか不明…。
音声ショッピング Amazon Echoで音声ショッピングを行うかどうかの設定が可能です。
音声ショッピングをオンにする場合、支払い設定と確認コードを登録することができます。
確認コードを登録しておくと、注文の最終確認時に確認コードを声に出して言う必要があります。

ヘルプとフィードバック

Amazon Echoやアレクサに関するヘルプを見る事ができます。

まとめ:音声の設定は好みに応じて変更した方が良い

アレクサと言った時に反応したことを示す音を出すかどうかの設定は、使い勝手が良くなるのでオススメ。また、アラーム音やその音量はデフォルトだと結構小さいので、自分の好みに応じて変更することをおすすめします。

以上!