【レビュー】Amazonフレッシュを実際に使ってみて便利だった事とその欠点

2017年11月20日Amazon, Amazonフレッシュ, Amazonプライム

新鮮な野菜

こんばんは、ゆきです!

最近子供が生まれ、家事の大半を担うようになってから、仕事と家事をこなす日々が続いています。これが結構大変で、自分の時間を作るのに四苦八苦しています。

そんな中、買い物の手間を省くために、ネットスーパーの1つ「Amazonフレッシュ」を使ってみました。

(2018/04/14) 在庫切れの場合、代替品が送付される事がある旨追記
(2018/01/06)感想に追記

Amazonフレッシュとは?

AmazonフレッシュはAmazonプライム会員向けに提供されているサービスの1つで、Amazonのサイトから野菜やパン・冷凍食品など、普通のスーパーにおいてあるような生鮮食品が購入できます。

購入した商品は、当日もしくは翌日に自宅に配送してくれます。子供から目が離せなかったり、買い物に行く時間を節約したい時に活躍するサービスです。

Amazonフレッシュの利用料

Amazonフレッシュは次の通り利用料がかかります。

Amazonフレッシュの利用料金

一か月825円の会費が必要です。既にプライム会員として年会費を払っているのであれば、追加の500円/月でよいのですが、それでもまだハードルがありますよね。

更にプライム会員であっても1回の購入金額が6000円未満の場合、500円が手数料として必要になります。

他のネットスーパーは年会費が無料で使えるもばかりなので、ちょっと高く感じますよね。どういった点でAmazonフレッシュにメリットがあるのでしょうか?この点についてはもう少し後で解説します。

Amazonフレッシュはスーパーの商品が一通りそろう

Amazonフレッシュの取り扱い商品は以下のようなものがあります。普通のスーパーに揃っているものは大体あります。普段のAmazonでは購入できない、野菜・果物・パン・豆腐など様々な食材を購入することが出来ます。

Amazonフレッシュの取り扱い商品

Amazonフレッシュは専門店の商品も購入可能

Amazonフレッシュでは、提携先の専門店があり、そのお店が取り扱う商品を購入することが出来ます。例えば、福寿園のお茶や、今半のお肉などの商品を購入することが出来ます。

Amazonフレッシュの専門店グルメ

他のネットスーパーとの違いは?

Amazonフレッシュ以外に生鮮食品を配送してくれる代表的なネットスーパーには次のようなものがあります。

  • イオンネットスーパー
  • イトーヨーカドーネットスーパー

それぞれどんな違いがあるのでしょうか?比較してみました。
なお、生協のおうちCOOPやパルシステムについては、地域の生協によって値段体系がかなり異なりますので、ここでは割愛します。

項目 Amazon イオン イトーヨーカドー
月額料金 825円 無料 無料
送料 500円 300円 300円
送料無料になる最低料金 6,000円
※2018年1月まで4,000円のキャンペーン中
5,000円 5,000円~
※地域による
対応地域 東京・神奈川・大阪の一部地域 日本全国 四国・九州は未対応
対応時間 8時~24時 10時~20時 11時~22時
当日配送
鮮度保証 × ×
プライベートブランド ×
お取り寄せグルメ
ポイント付与 ×

うーん、比較してみると今一つAmazonフレッシュのメリットが乏しいように見えますね…。商品の品ぞろえはイトーヨーカドーやイオンと遜色ないレベルですが、他サービスが劣っている印象。

鮮度保証はよいかも。

では、実際に使ってみるとどうでしょうか?次に解説します。

実際に使ってみての感想

最大のメリットは時間指定が細かく、朝から夜遅くまで対応可能な点

時間帯指定の融通が利く

Amazonフレッシュは、ほかのネットスーパーと比べて商品の品数は問題なく、豊富な商品を購入することができます。この豊富な商品が朝早くから夜遅くまで購入可能であることこそが最大のメリットと感じます。

例えば夜勤明けに受け取ったり、残業後に受け取ることが出来るため、生活リズムが普段スーパーの開いてない時間と被る人に向いています。

(2018/01/06追記)上記に加え、他のネットスーパーよりも、配送時間の枠が埋まることがすくないです。流石に当日便は難しいですが、翌日便だと割と開いている印象。他のネットスーパーは翌日配送便も早くに埋まっていくことが多いので、その点メリットがあります。

重いものを届けてくれるのは楽

子育て世代なら共通の悩みだと思いますが、小さい子供がいるとお買い物が結構大変ですよね。目を離すと怖いし、泣かれても困るし…。重い荷物を持ちながら子供の面倒をみるのは相当な重労働です。

その買い物の荷物を持たずに、家まで届けてくれるのは本当に便利。ただ、このメリットは他のネットスーパーでも同じです。

鮮度保証は変な野菜を掴まされる不安から解放

また、鮮度保証もさりげなくうれしいですね。実際他のネットスーパーでは、鮮度の悪い野菜が入っているなんてこともあります。その点、Amazonフレッシュは鮮度保証があるため、鮮度の悪い商品は返金してもらう事が可能です。

(2018/01/06追記)暫く使って実感したのは、特に野菜の値段が高騰してくるとまともな野菜が送られてこない場合があること。そんな時でも鮮度保証があるのは助かります。これがあるお陰か、まともな野菜しか送られてこないのも嬉しいです。

セールが多い

まとめて30%オフや、5点以上で500円オフ等、通常のスーパーにない大幅な割引があります。すべての商品が対象というわけではないのですが、結構普段使いのものが多く、かなり使えます。

(2018/01/06)実際にAmazonフレッシュを長く利用してみると、このセールを利用して商品を買う事が増えました。半額セールしている事も多いので、お得に商品を買う事ができます。

Amazonフレッシュの割引

商品未入荷の場合は、別の商品が無料で発送されることも。

先日、アマゾンフレッシュで注文しておいた商品が在庫切れで届きませんでした。

その保障として、別の商品が無償で届きました。必ず代替品が送られるわけではなく、返金で終わってしまう事もありますが、追加で買いに行か無くてもよいのは嬉しい限りです。

Amazonフレッシュでは代替品が届くことも

デメリットは月額料金の高さ

やっぱり高い…。うまくセールを利用することでお得になる

プライム会員ではない場合、825円の会費がかかってしまうのがAmazonフレッシュ最大のデメリット。元からプライム会員でも500円かかるし。

ただ、その点は他のスーパーでは余り見かけない半額セール等を上手く活用することで、その500円以上のメリットがあります。単純な価格比較だけではなく、セールを一緒に見るとAmazonフレッシュはお得に使うことができます

Amazonフレッシュはセールを上手く活用して月額料金を回収しよう

対応地域が少ない!都内と、神奈川・千葉の一部の地域のみ

利用したくても、地域が限られ過ぎていてつらい。首都圏以外への浸透には時間がかかりそうです。

首都圏の方はこちらから自分の地域が対象かを調べることができます。

ポイントがない

イオンではWAONポイントが、イトーヨーカドーではnanacoポイントがつきます。一方Amazonではポイントの付与はありません。その分安いのかと思えば、安いものも高いものもあるという感じ。

その分セールがあるので、それでお得と思えるかどうかですね。ポイント溜まる方が良いという方には向いていないかも。

アマゾンフレッシュはこんな人におすすめ

Amazonフレッシュは会費の高さがありますが、セールを上手く活用する事でお得に利用することが出来ます。

Amazonフレッシュに向いているのは以下のような方だと感じます。

アマゾンフレッシュに向いている人
  • 他のネットスーパーの配達時間に受け取れない
  • 他のネットスーパーの生鮮食品の鮮度に不安を感じている(鮮度保証が必要)
  • セール品から献立を考えるのが得意な人
  • ポイントはいらないからセールを充実してほしい人

Amazonフレッシュの30日無料体験をみてみる(Amazon公式)

Amazonフレッシュの使い方

Amazonフレッシュは普段のAmazonとは異なり、まず配送時間を指定するところから開始です。

Amazonフレッシュの注文方法

指定時間が細かく、一番遅いと24時まで対応している点は便利ですね。

この後はいつものAmazonと同じように商品を選んで注文を確定するだけ。

Amazonフレッシュの注文画面

とても簡単ですね!

Amazonフレッシュはこんな風に届く

2018年1月末までAmazonフレッシュで4000円以上の注文で送料無料のキャンペーンをしていたので、Amazonフレッシュの一か月無料体験と合わせて使い、僕も実際に注文してみました。

注文したのは以下のような商品。お米とかトイレットペーパーなどの重たい・かさ張るもの中心です。すまない配達の人…。楽したい…。

Amazonフレッシュで注文してみたもの

商品一覧の中にある、ポッキー大人の琥珀はオンライン通販限定商品。ウィスキーに合うポッキーなんだとか。

実際に届いたのが下の写真。大きな紙袋2つとトイレットペーパーはそのまま。配達員のお兄さんありがとうございます。

Amazonフレッシュから配達された商品。

この紙袋はかなり頑丈で、お米もこの中に入って運ばれてきました。下の写真が購入品のすべてです。

届いた商品一覧

Amazonフレッシュの解約方法

アマゾンフレッシュの無料体験期間や、アマゾンフレッシュが合わないと思った時のために、解約方法も紹介しておきます。

(1)アマゾントップページの「アカウント&リスト」から「Amazonプライム会員情報」を選択します。

アマゾンプライム会員情報を選択

(2)プライム会員特典情報から、「フレッシュ会員情報の確認・変更」を選択します。

フレッシュ会員情報を変更を選択する

(3)表示されたメニューから、「フレッシュ会員をキャンセルする」を選択します。

アマゾンフレッシュをキャンセルする

あとは画面の指示に従ってキャンセルするだけ。簡単ですね!

まとめ:Amazonフレッシュは割引を活用することでお得に利用可能

僕は近所にイオンやイトーヨーカドーよりも安くて鮮度の良い商品を置いている地場スーパーがあるので、主にそちらを利用しています。値段を見る目を養いたいというのもあるんですけどね。

ただ、平日買い物に行けない時もあるので、アマゾンフレッシュも併用して買い物しています。何だかんだでネットスーパーに一度慣れてしまうと便利なんですよね。

お得な使い方は、以下の記事でも紹介しています。あわせてどうぞ。

Amazonフレッシュが気になる方は、現在30日無料体験&4000円以上送料無料となっていますので、是非試してみてください。気に入らなければ解約もできますよ!

Amazonフレッシュを見てみる(Amazon公式)

以上!