電子書籍はAmazon Kindleと楽天 Koboはどちらが良い?違いを比較してみた

KindleとKoboどっちがいい?

こんにちは、ゆき(@Yuki_no_yabo)です!

日本国内で大手の電子書籍といえば、AmazonのKindle(キンドル)と楽天のKobo(コボ)がありますよね。

電子書籍は一度購入すると、購入した先のアプリでしか読めないので、管理のことを考えると1つに絞った方が便利に使えます。

じゃあ、最初に始めるのはどっちがいいのか?悩んでしまいますよね。

そこで今回は、KindleとKoboの2つの電子書籍サービスを比較してみました。

KindleとKoboのサービスの比較

KindleとKobo、大まかなサービスの違いを比較すると次の通りです。

サービスAmazon Kindle楽天 Kobo
蔵書数220万冊以上300万冊以上
専用端末Kindle PaperwhiteなどKobo Libra H2Oなど
ポイント付与1%~
(ポイント付与キャンペーン有)
1%~
(楽天スーパーポイントアップ次第)
リワードなしあり
読み放題サービスKindle Unlimited楽天マガジン
業界シェア1位2位

Amazon Kindleのサービスの強み

Amazonは楽天に比べるとポイントなどのサービスが弱いです。

しかし満遍なく様々なジャンルの蔵書が豊富な事や、Kindle Unlimitedによる読み放題サービスが節約につながるなど、業界1位のサービスが魅力です。

Kindleは読み放題サービスがスゴイ

Kindle Unlimited読み放題サービス

AmazonにはKindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)という読み放題サービスがあります。

これは月額980円で12万冊以上のKindle本が読み放題になるサービスです。

ジャンルは純文学、技術書、ビジネス書、コミック、ライトノベルなど様々。

毎月ラインアップは更新されるため、読み飽きる事がありません。月に2冊読めば本の代金は余裕で元が取れるレベルなので、毎月の読書代の節約に最適です。

楽天にも楽天マガジンという読み放題サービスがありますが、あくまで雑誌300冊程度の読み放題なので全く別物のサービスです。

\30日無料体験/
Kindle Unlimited読み放題サービスをチェックする

専用端末(Kindleペーパーホワイトなど)が安くて高性能

AmazonのKindleにはKindle Paperwhiteなどの電子書籍専用のデバイスがあります。

これが楽天と比べて半額以下で高性能な製品なんです。

しかもプライムデーやサイバーマンデーといったAmazonの代表的なセールのときには半額になったりすることも…。

電子書籍はスマホアプリで見ているけど目が疲れる…。という方は、Kindle Paperwhiteで目の疲れがかなり軽減されるため、安価なデバイスが購入できるAmazon Kindleがオススメです。

楽天Koboのサービスの強み

楽天リワードによるポイント獲得

楽天では楽天リワードというアプリの利用により、ポイントが得られるプログラムを提供しています。

楽天Koboアプリで毎日読書をすると、1ポイント得られますし、本を読み終わってもポイントが貰えます。

楽天リワードによるKoboのポイント付与

僅かではありますが、読書を習慣化するにはオススメです。

楽天スーパーポイントアッププログラムでポイント付与率がスゴイ

楽天スーパーポイントアッププログラム

楽天では、楽天のサービスを使えば使うほどポイントの付与率が増えていき、最大16%のポイントが貰えるようになります。

AmazonのKindleは通常時のポイントは最大でも3.5%なので、それと比べると楽天ヘビーユーザーの場合は電子書籍がほぼ16%オフで購入できるようなものなので、とてもおトク感があります

特定ジャンルの蔵書がKindleよりも圧倒的に豊富

Koboは電子書籍の蔵書数がキンドルより多くなっていますが、これは主にコミックと洋書の蔵書が多い事によるものです。

楽天Koboは電子書籍のジャンルに隔たりがあり、以下のジャンルしか読まない場合は楽天Koboが圧倒的にオススメです。

楽天Koboが強いジャンル

  • 文学・小説
  • コミック
  • 洋書
  • アダルト

逆に満遍なく読む場合はAmazon Kindleが便利です。

KindleとKoboの電子書籍数の違い

Amazonと楽天で、カテゴリごとに電子書籍の数を集計してみました。

ただ、ジャンルが複数に跨る本などもあるため、あくまで参考値としてご覧ください。

ジャンルAmazon Kindle楽天 Kobo
文学・小説70,000冊~100,000冊~
人文・思想・社会・歴史100,000冊~60,000冊~
ビジネス・経済50,000冊~30,000冊~
ノンフィクション7,000冊~10,000冊~
科学・医学40,000冊~10,000冊~
コンピュータ10,000冊~10,000冊~
趣味・アート・スポーツ40,000冊~20,000冊~
旅行・アウトドア20,000冊~6,000冊~
暮らし・健康・子育て30,000冊~30,000冊~
教育・語学15,000冊~15,000冊~
絵本・児童書10,000冊~10,000冊~
ライトノベル40,000冊~30,000冊~
コミック80,000冊~240,000冊~
BL・TL70,000冊~55,000冊~
写真集10,000冊~15,000冊~
雑誌40,000冊~35,000冊~
アダルト70,000冊~120,000冊~
洋書1,500,000冊~3,500,000冊~

Amazon Kindleは幅広いジャンルの蔵書が多い事に特徴があります。

AmazonはKindle Unlimitedという読み放題サービスを提供していますし、幅広いジャンルの品ぞろえがあるので便利です。

一方、楽天のKoboは小説・コミック・洋書の品ぞろえが圧倒的です。

読むジャンルが小説・コミック・洋書に偏っている人は楽天Koboが向いています。

KindleとKoboの読書専用端末の比較

KindleとKoboはどちらが良い?

Amazon Kindleも楽天のKoboも専用のデバイスがあります。

結論からいえば、どちらもe-inkを使った目に優しいデバイスですが、値段の観点からKindleの方が安いのでオススメできます。

各社の読書専用端末のうち、主力機種の比較は次の通りです。

機能Kindle PaperwhiteKobo Libra H2O
値段13,980円~25,080円
解像度300ppi300ppi
容量8GB/32GB8GB
画面サイズ6インチ7インチ
防水対応
重さ182g192g
ページめくりボタン×

Kobo LibraはKoboのラインアップの中でも真ん中の機種なのですが、機能的にはKindle Oasisと同等のイメージです。

ただ、保存できる容量が8GBまでと非常に少なく、この場合コミックの保存できる数が200冊弱となり、コミックが豊富な楽天の強みを生かし切れません。

専用端末なら容量が多く安いKindleシリーズ一択です。

yuki

アプリで読む場合は、Amazonでも楽天でもどちらでもOKだよ!

Amazon
¥13,980 (2020/08/05 20:05:37時点 Amazon調べ-詳細)

KindleとKoboがオススメできるのはこんな人

Amazon Kindleがオススメの人

Amazonのキンドルがオススメなのは以下のような人です。

  1. Amazonをよく利用する人
  2. Kindle Unlimited読み放題で読書代を節約したい人
  3. 様々なジャンルの本を読みたい人
  4. 目に優しい電子書籍リーダーを安価で購入したい人

Kindle本を詳しく見てみる

楽天 Koboがオススメの人

楽天のKoboがオススメなのは以下のような人です。

  1. 楽天をよく利用する人
  2. 読み放題よりもポイント還元が沢山欲しい人
  3. 楽天SPUの倍率を上げたい人

楽天Koboの本を詳しく見てみる

まとめ:それぞれ長所があるので、自分の利用シーンに応じて使い分けよう

昔は電子書籍といえばAmazonのKindle一択でした。

しかし、最近は楽天Koboのラインアップも充実しています。

この記事の中でお伝えしたように、ポイントや読み放題サービスの部分で違いがあります。

どちらも上手く使う事で、本のお金を節約する事が出来ます。

是非上手く活用して楽しい読書生活を楽しんでくださいね!

以上!

Kindle関連のセールはこちら
Kindleデバイスの最新情報

KindleAmazon,Kindle,楽天,Kobo

Posted by