Echo Flexはスマートホーム入門に最適!評判や使い方をまとめました

こんにちは、ゆき(@Yuki_no_yabo)です!

Amazon Echo Flex(エコーフレックス)はAmazon Echoシリーズの中でも、もっとも安価なスマートスピーカーです。

そんなEcho Flexですが、実はその価値は値段だけではありません。

今回は色々と面白い使い方のできるEcho Flexについて、長所・短所と便利な使い方を紹介します!

\Echo 第4世代発売中!/

Amazon Echoのセールを確認してみる

この記事のざっくりしたまとめ
  • Echoフレックスはオプションのモーションセンサーやライトでスマートホーム化に便利
  • 音楽は音割れするレベルで、音楽再生には不向き
  • 1つめのスマートスピーカーならEcho showを買うべき、2個目以降にはオススメの機種

Echo Flex(エコーフレックス)って何?できることは?

Echo FlexはAmazon Echoシリーズのスマートスピーカの1つです。アレクサという音声AIを搭載しており、声で話しかける事で次のようなことが出来る機器です。

  1. 時間や天気予報をきく
  2. ニュースや音楽を聞く
  3. リマインダーやアラーム、タイマーをセットする
  4. アレクサと会話したり、遊んだりする
  5. 誰かと通話する(アレクサ同士ならスマホが無くても電話できる!)
  6. スマートホーム機器を操作する

上記に加え、Echo Flexの独自機能としてモーションセンサーまたはナイトライトを使う事が出来ます。

こちらについては次に説明します。

Echo Flexの優れているところ

Echo Flexの良い所はざっくり次のような感じです。

Echo Flexの良いところ
  • USBポート付きでスマホが充電できる
  • モーションセンサーもしくはナイトライトが利用できる
  • 値段が圧倒的に安い

USBポート付きでスマホ等USB機器が充電できる

USBポート

Echo Flexには下側にUSBポートが付いています。こちらに充電用のケーブルを挿すことで、スマホの充電ができるようになります。

出力は7.5W(iPhone8シリーズの最大値)となっていますが、急速充電はできません。

なお、次に紹介するモーションセンサーやナイトライトを利用する場合は、このUSBポートを使います。

USBポートで拡張できるセンサー等のオプションが豊富

Echo Flexには、次のようなものが接続できます。

Echo Flexに接続できるオプション製品

モーションセンサーは定型アクションとして動作を追加して利用します。例えば、「Echo Flexの前を横切った場合に天気を言う」等の使い方をすることができます。

ナイトライトは「ライトを付けて」というと、付属のライトをつけてくれます。足元灯や間接照明として機能します。ナイトライトは赤や青、白、黄色など全16色から選択することができます。

結構明るいです

スマートクロックはEcho Flexが時計に。コンセントが高い所にあるキッチンなどで活躍しそうです。

Echo Flex+スマートクロックの組み合わせ

また、スマートリモコンのSwitchbotからはSwitchbot Hub MiniをEcho Flexと接続できるオプションが発売されています。こちらを使うと、家電が自由に操作できるようになります。

Echo FlexとSwitchbot Hub Plusを組み合わせて使う。

値段がEchoシリーズの中で一番安い

次の表の通り、定価ベースでEcho Flexが一番安いです。

商品名 価格
Echo Dot ¥5,980(定価)
Echo Dot with Clock ¥6,980(定価)
Echo show 5 ¥9,980 (定価)
Echo show 8 ¥14,980 (定価)
Echo show 10 ¥31,250(定価)
Amazon Echo ¥11,980(定価)
Echo Studio ¥24,980(定価)
Echo Flex ¥2,980(定価)

Echo Flexの良くないところ

Echo Flexは良い所ばかりではなく、ちょっとイマイチな点もあります。

Echo Flexのイマイチな点
  • 設置場所が限られる
  • 音楽は音割れするレベルで酷い

設置場所が限られる

これはEcho Flexの特長でもあるのですが、コンセントに直接設置する機器のため、コンセントがある場所にしか設置できません。机の上などコンセントが余りないような場所に設置することは向いていません。

ちなみにサイズは次の図のような感じです。

延長ケーブルで設置場所を自由にもできますが、見た目が悪いのでオススメはしません。

Echo Flexのサイズ感

音声認識機能は非常に高精度で、6畳の部屋であれば特に問題なく音声操作ができます。

音楽は音割れするレベルでひどい

僕はAmazon Music Unlimitedにも加入しているので再生してみたのですが、音割れがひどくてちょっと聞いていられませんでした…。普段からAmazon Echoのいい音になれていたので、ちょっとこれは頂けませんでした。

音楽再生用としてはオススメできません

ラジオなら何となく昔のラジオっぽさは感じられるかも…。

Echo Flexの評判・口コミ

Echo Flexの購入者の評判は次のような感じ。

悪い印象を持っている人は少ないですね。

僕も音楽再生用にしないのであれば、特に問題はないと思います。

トイレや天井に設置する人も。

Echo flexオプション製品の購入方法と使い方

モーションセンサーとナイトライト、スマートクロックはオプションから購入

Echo Flexのナイトライトやモーションセンサーは少し探しにくいですが、 「アクセサリを追加」欄から購入可能です。

Echo Flexのセンサーはオプション欄から購入します

設定は不要。取り付けて起動すると自動認識されます

Echo Flexのモーションセンサーやナイトライトは、取り付けて起動すると自動認識されます。

ただ、初期設定だと名前が「一番目モーションセンサー」や「一番目ナイトライト」となっているので、呼びやすいように名前変更をオススメします。

センサーの名前の変え方

センサーの名前の変更はアレクサアプリから行います。デバイスメニューから名前を変えたいセンサーを選択します。
歯車アイコンをタップし、「名前の編集」を行います。

センサーの名前の変更の仕方

Echo Flexは音楽を聴かないならアリのスマートスピーカだ!

Echo Flexは音楽再生にさえ使わなければ、選択肢に入る良いスマートスピーカーです。特にEcho Flex独自のモーションセンサーやナイトライトは、スマートホームの導入に最適。

高価なスマートホームデバイスを購入する前に、Echo Flexでお試しスマートホームを試してみるのが良いと思います。是非使ってみてくださいね!

以上!

Amazon Echoデバイスの最新セール情報

Amazon Echoシリーズのどれを買えばよいか悩んでいる方へ

Amazon Echoの製品レビューは以下のアイコンをタップ

  • Amazon Echo Dotのレビュー
  • Amazon Echoのレビュー
  • Amazon Echo Show8のレビュー
  • Amazon Echo Flexのレビュー